総合TOP>closet(クローゼット)>縮毛矯正>縮毛矯正、ストレートパーマ、酸性ストレートパーマ、髪質改善!?の違いって?

縮毛矯正、ストレートパーマ、酸性ストレートパーマ、髪質改善!?の違いって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
縮毛矯正、ストレートパーマ、酸性ストレートパーマ、髪質改善!?の違いって?

『髪がまとまらない!』って思ってるけど、何が必要かわからない

特に、ボリュームくせ毛湿気があるとうねる広がる、前髪がうねる、ツヤが出ない、ダメージでパサつく

そんな悩みを解消してくれる美容の技術をご紹介します。


こんにちは! 新宿御苑で美容室を営んでいる closet 田中です。髪の毛の悩みを解決するために日々研究することが好きな美容師です。

今回は最近よく耳にする縮毛矯正、ストレートパーマ、酸性ストレートパーマ、髪質改善についてそれぞれの違いを解説していきます。


縮毛矯正とストレートパーマ、酸性ストレートパーマ、髪質改善の違いってなに?

先ほど出ていたあなたの『髪の悩み』

ボリューム、くせ毛、湿気があると膨らむ、うねる、パーマを落としたい、

ツヤが出ない、ダメージでパサつくなどなどあなたの髪の悩みは

ほとんどが縮毛矯正、ストレートパーマ、酸性ストレートパーマ、髪質改善で悩みを解消することができます。

そこでまずそれぞれの技術の特徴を整理します!


縮毛矯正はどういった技術でしょう?

縮毛矯正は髪をまっすぐに整える技術です。

1度縮毛矯正をかけたところは、もとに戻ることもほとんどなくまっすぐなままです。

髪を洗って乾かすとブローしないでもまっすぐまとまります。普段の手入れがほとんどいらないで収まるのが人気です。

ブローしないとまとまらない『癖毛』の方にとてもおすすめの技術になります。

癖が強く、髪が硬く、髪が多いことで髪ボリュームが気になる人には特におすすめな技術です。

縮毛矯正がおすすめな人

・髪が硬くてボリュームが気になる

・髪が多くてボリュームが気になる

・何もしなくてまっすぐストレートににしたい

・うねる癖毛だ

・くせが強い

・ブローしても癖が出る

・ブローしても湿度があるとくせが戻る

・梅雨や湿度が高いと頭が大きくなる

縮毛矯正のビフォーアフター

ドライヤーで髪を乾かすだけでまっすぐに収まります。

デメリットとしては

・ダメージある。

・ボリュームがなくなってぺったんこになる。

・まとまりすぎ(ストレートになりすぎて)て動きがない(さみしく見える)

ストレートパーマ

ストレートパーマはどういったもの?!

癖を伸ばす力はあまりありません。ボリュームダウンする力もほんの少し。またそれらの持ちも1か月あるかないかです。

そんなストレートパーマが輝く時はパーマをとる、おとすとしてストレートに戻したい

縮毛矯正が今みたいに一般的になる前はよく使っていましたが、今ではほとんど使わない技術になってます。

ストレートパーマが向いている人

・パーマを落としてストレートにしたい

・癖はないが1か月ほどボリュームをおさえたい


酸性ストレートパーマ

酸性ストレートパーマってどんなもの⁇

最近、流行りつつある酸性ストレートパーマ。少しずつ耳にすることも増えてきました。

実はこれ。『縮毛矯正』と同じ技術なんです。

使うお薬が酸性に変わっただけ。でもそれだけで仕上がりがかなり違ってきます。

縮毛矯正はアルカリ性(髪がやわらかくなる状態)のお薬を使うことが多くボリュームを抑えてくれる効果真っ直ぐにする効果が強い傾向にあります。

酸性ストレートは酸性(髪の毛が健康でいやすい状態)のお薬を使うのでボリューム抑える効果や真っ直ぐにする効果は弱くなりますが、手触りや艶感は特に良くなります。ストレートにする効果が弱いように感じますが、その代わりにお薬を置く時間をしっかりとるのでストレートの効果は通常の縮毛矯正となんら遜色はありません。

酸性ストレートパーマ、酸性縮毛矯正がおすすめな人は?

髪が太くて、髪が強い髪質の人は今までの縮毛矯正でストレートをしても問題ないですが、

髪が細い、髪が少ない、髪が傷みやすい悩みがある方には酸性ストレート、酸性縮毛矯正ストレートはおすすめのストレート技術になります

例えば、今まで縮毛矯正をして

・ストレートになりすぎてぺったんこになった人や、

・ボリュームがなくなって嫌だった人。

・縮毛矯正して真っ直ぐになりすぎるて毛先がツンツンになってしまった人

におすすめの縮毛矯正技術です。


ぼわぼわと広がりやすい毛質でもともとの髪の色が明るい人は、縮毛矯正をするとボリュームがつぶれやすく、ダメージが出やすい傾向にあります。


根本と毛先の矯正のお薬を塗り分けて施術してます。ダメージと伸び具合をコントロールしています。

髪質改善トリートメント

髪質改善トリートメントはどんなもの?

髪質改善は最近よく耳にするのではないでしょうか?

髪質改善は簡単に言えばトリートメントメニュー。とても効果が高いトリートメントメニューになります。

基本、トリートメントなので癖を伸ばす力はほぼありません。

効果の持ちも長く1か月から長い人では2か月。普通のトリートメントは良くて1〜2週間なので、とても効果が長い

今では髪質改善も色々なタイプが出てきて、髪質や悩みに合わせてチョイスすることができるようになりました。

髪にコシがない、ボリュームが出る、ツヤが出ない、ほんのちょっと膨らみが気になるなどなど

縮毛矯正をするほどではないけど、どうにかしたいと感じている方におすすめです。

ツヤ、手触りまとまりやすさが改善されます。

ドライヤーをかけないで自然乾燥でどうにかしたい方には縮毛矯正がおすすめになります。

ブローはしなくてもいいんですが乾かさないと、癖が出たり、ツヤが出にくいことも

乾かしてあげることがおすすめです。

髪質改善を体験しているお勧めの記事>>


髪質改善がおすすめな人

・ツヤが欲しい

・癖はないが広がる

・まとまりが欲しい

・髪をサラサラにしたい

・縮毛矯正をいつもかけているが、少しまとまりが悪くなってきた時のメンテナンス

そんな方にお勧めです。

プライスと施術時間

それぞれの値段と時間を違いをご紹介

縮毛矯正,酸性ストレート

料金 一番安くて6000円ぐらい、高いところは5万円。平均1万円ぐらいです。

施術時間は、シャンプー、ブローを含めて2〜3時間


料金は施術時間と比例することが多い。時間の違いは以下のような理由があります。

縮毛矯正の施術時間を短い理由

・縮毛矯正の薬(1剤)を強くする。

・複数人で行う。(4人で施術を行うところも)

・トリートメント処理をしない、または簡易的なものにする。

・ストレートアイロンの施術を幅ひろくざっくりと2〜3センチの幅でする

・2剤の時間を短くする

・美容師の技術のスピードが速い

縮毛矯正の施術時間が長くなる理由

・縮毛矯正の薬(1剤)を適正にする。

・1人で行う

・トリートメントの処理を髪のダメージに合わせて行う。多いところでは縮毛矯正の薬を塗る前、

薬をシャンプー台で流した後の中間処理、最後の薬(2剤)を流した後の後処理の3回も行うところも(もっと多いところもあります)

・美容師の技術スピードが遅い

・アイロンの施術を幅を薄く5mm~1cm幅で行う


施術時間が短いことも、長いこともそれぞれ理由があって、それが良いことなのか悪いのかは一概に言えません。

ただ、施術する人が4人なのに時間が4時間かかるところはよくないかもですね

ストレートパーマ

料金 2千円〜1万円  施術時間はシャンプー、ブローを含めて1時間程度


髪質改善トリートメント

料金 5千円〜3万円  施術時間は1時間〜3時間

髪質改善トリートメントも縮毛矯正と同じく料金と施術時間に差があります。

理由は縮毛矯正とほぼ同じ感じで時間と料金が比例してます。

また、トリートメントの材料が高価な髪質改善は料金が高くなります。


失敗しないためのコツ

失敗しないためのコツは、まずは自分の髪の悩みがどういったものかを整理することが大切です。

なぜなら縮毛矯正や髪質改善のほとんどの目的は髪の悩みを解決してくれる技術だからです。

この悩みをしっかり出すことでほとんどの失敗を防げます。

例えば、

美容師さんに『癖が気になるので真っ直ぐにしたい!』と伝えたとします。

そこからしっかりとカウンセリングしてくれる上手な美容師さんなら

『どんな時に癖が気にな理ますか?』

『普段の家での手入れはどんな感じですか?』

『どれくらいの時間毎朝時間かけれますか?』

『まっすぐになりたいのか?収まりたいのか?』

などなど聞いてくれて、あなたにあったメニュー

『髪質改善』『縮毛矯正』『前髪だけの縮毛矯正』もしくは『カットだけでおさまります!』とあなたに合ったメニューをチョイスしてくれます。


ところがあまり考えず、言われたことだけをそのまま受け取るだけの美容師さんだと

担当の美容師さんが思うまっすぐになるので、ほぼ縮毛矯正の一択になって、

『まっすぐだけど変じゃない?』

『毛先がツンツンすぎる!』

『縮毛矯正かけたあとなのに毛先がまとまらない』

なんてことも。


失敗しないサロン選びのポイント!

数多くある美容室のなかから、自分に合う見つけるのは難しいですよね

あなたの悩みに合わせたポイントを紹介したいと思います。


とにかくまっすぐしたい!!


そんなあなたの希望には、『縮毛矯正専門店』がおすすめ!

専門店だけあって、癖を伸ばすテクニックは安定してます。

強い癖から、弱い癖までしっかりと癖を伸ばしてくれます。

デメリットはヘアスタイルのデザインがあまり得意ではないところが多い感じがします。

レイヤーを入れないであまり動きが出ないスタイルを勧められることも


ボリュームを落とし過ぎたくない、ナチュラルな縮毛矯正、やわらかい縮毛矯正にしたい

ナチュラルな縮毛矯正、やわらかい縮毛縮毛が希望の方には、『パーマを推しているサロン』がおすすめ!

パーマを推しているサロンは、髪のボリュームや丸みや動きが好きなサロン。

そんなサロンが行う縮毛矯正はボリュームを落としすぎない、ナチュラルな縮毛矯正、やわらかい縮毛矯正を心掛けているサロンが多いと感じます。

下の写真はクローゼットでの施術例  すごくまっすぐにしたいとゆうより、湿度が高い時や暑くて汗をかくことがあるときにもわもわっとまとまりが悪くなって、ツヤが出なくなってくるのを改善する酸性縮毛矯正です。ナチュラル縮毛矯正、やわらかい縮毛矯正のです。

縮毛矯正してもパーマをかけることも出来る技術を持っているサロンもあります。


こんなサロンは避けたるが無難

仕上がりよさ、もちの良さ、髪を綺麗に保ちたい方はこんなサロンは避けた方が無難かもしれません。

ブリーチでのハイトーンを推しているサロン。

ハイライトならともかく、全体ブリーチと縮毛矯正の愛称はとても悪いことは美容師は知っています。

縮毛矯正はあまり経験が少ない場合が多く、技術不足な傾向があります。


極端に安い、施術時間が短い

極端に安いサロンは、教育に時間をかけていないサロンが多いかも

施術時間が短いサロンで人が常に2〜3人ついて施術してくれるサロンは良いのですが、

1人での施術で時間が短い場合は注意が必用です。癖を伸ばすための縮毛矯正の薬を強くし過ぎているところも

そうすると髪の毛に余計なダメージを与えかねません。当日は良くても後々ダメージが激しくなる可能性があります。


いかがでしたか?『縮毛矯正とストレートパーマ、酸性ストレートパーマ、髪質改善についての違い』は理解していただけそうですか?

もし気になることやわからないことがあればお気軽にお問合せいて下さい。


田中 将洋

田中 将洋

Written by:

closetの田中です。パーマとメイクが好きな45歳。佐賀県から上京後、表参道のZACCに11年在籍し、新宿御苑にサロンをオープン。色々と吸収することが好きで常に少しずつ変化しています。最近のテーマは『上質』アラフォーになったせいか上質感が好きです。縮毛矯正や髪質改善も経験値が多く『上質』な仕上がりになります。パーマでは雑誌のお仕事、講師関係、美容の商品開発の協力もしています。

プライベートでは10歳と6歳の女の子の父親。アラフィフになるにつれ身体の変化をしみじみと感じ、ピラティスを始め体や心の柔軟性を高めることに興味を持って色々と取り組んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田中 将洋は、こんな記事も書いています。

  • ギックリ腰についてプロに聞いてみました。

    ギックリ腰についてプロに聞いてみました。

  • 酸熱トリートメントと酸性ストレート(縮毛矯正)

    酸熱トリートメントと酸性ストレート(縮毛矯正)

  • closetの酸性&アルカリ縮毛矯正

    closetの酸性&アルカリ縮毛矯正

  • 縮毛矯正、ストレートパーマ、酸性ストレートパーマ、髪質改善!?の違いって?

    縮毛矯正、ストレートパーマ、酸性ストレートパーマ、髪質改善!?の違いって?

  • デジタルパーマで取材を受けました!

    デジタルパーマで取材を受けました!

  • 最強の?!スーパーフードサプリメント

    最強の?!スーパーフードサプリメント