東京・新宿の美容室(美容院)closet(クローゼット)brick(ブリック)の最新のヘアスタイル

Shop List

closet

closet

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-10-5 岡田ビル1F

TEL:03-6380-4593

brickbycloset

brick

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-30-5 ケイエヌシイビル1F

TEL:03-6457-4305

Pick up

  • head spa
  • abouto closet
  • abouto brick
  • recruit
  • closet revew
  • brick revew
  • ジョンマスター
  • ダビネス
  • ピトレティカ

Information

2022/06/17
癖毛美容師藤井です。 毎年梅雨の時期って湿気と雨で髪が広がったり癖がひどくなり、ストレスが溜まりますよね。 私も癖毛で学生時代かなり悩まされました。 湿気でやられようが部活で汗をかこうが毎朝ストレートアイロンして学校に行ってました。(笑) そこでオススメするのが、closetの【縮毛矯正(酸性ストレート)】です!  closetの縮毛矯正(酸性ストレート)は、タイトルにあるように真っすぐ過ぎない縮毛矯正だからです! バツっと真っすぐ過ぎる、ダメージが気になる、巻きにくくなるetc… と、言うような不安をお持ちの方も多いと思います。 ですが、closetの縮毛矯正は真っすぐ過ぎない縮毛矯正なのでナチュラルにキレイに仕上がります!   内側に癖、広がりや前髪が気になる方 before after   バツっとならずナチュラルな仕上がりです。 まず第一に、 薬剤選定でお薬が強ければバツっとなりダメージも重なります。  そして次にアイロンの入れ方、引っ張る強さです。 この工程の強さを間違えると、不安要素が現実になります。 次にダメージです。 先ほども言ったように薬剤選定、アイロン作業が重要です。 第二の不安要素ダメージに繋がります。 closetでは酸性の薬剤を使用しています。 今までの薬剤と何がちがうの? 従来の薬剤ではアルカリ剤です。 化学的ダメージの原因は主にアルカリ剤です。と、言う事は酸性の薬剤を使うとダメージを抑えられるという事です! もちろんデメリットが全く無い訳ではありません。酸性はアルカリと違って髪への浸透が遅く、時間がかかってしまいます。 理由として、あまり負荷をかけないようにゆっくり浸透していくからです。 よって、出来るだけダメージレスに尚且つ自然なストレートになります! 巻きずらくなる!? 基本的にそんなことはありません! ですが、ダメージが重なり髪の毛の水分量が不足すると硬くなります。そうなると形が付きにくくなり巻きずらくなります。 上記でも書いたように、『出来るだけダメージレスに、尚且つ自然なストレート』なのでお任せください。   縮毛矯正(酸性ストレート)への不安や悩みは解消されましたか?  特に梅雨時期は湿気がすごいですが、梅雨関係無く湿気はあります。 少しでも髪へのストレスを無くして過ごしやすくしましょう! 是非一度ご相談下さい。    
2022/04/25
closetのオオタニです。 急に湿気が気になり出す季節。雨が降って髪がモワモワ、チリチリ、ふくらむし、まとまらない!ツヤも出ない!なんだこれは! そうか、クセか。髪のクセなのか。なんとかせねば。 と駆け込みのお客様大変増えています。 そこでオススメは【縮毛矯正】です。 なぜならclosetの縮毛矯正はハイパーナチュラルストレートに仕上がるからです。 縮毛矯正はパツパツになってしまってトラウマがある、まっすぐになりすぎて不自然、、、伸びてきたときの境目がツラい、、、巻き髪がしずらい、、、 などさまざまな過去のトラブルやお悩みで、避けてしまう方も多いですが、 closetの縮毛矯正は、ハイパーナチュラルストレートに仕上がります。 スーパーロングもお任せあれ。 ・ before チリチリモワモワの髪でお悩みの方 after 前髪もしっかり矯正してますが、パツパツにならず、自然です。モワモワチリチリも解消して、ツヤのあるナチュラルストレートになってます。 ・ before 全体的にうねりがあり、広がってしまう髪の方 after 前髪もツルツルになったので、短めにカット。 ナチュラルストレートなので、外はねアレンジもできます。   before なかなかしっかりクセの方も after    柔らかく仕上がるので、バッサリ切って自然なボブにヘアチェンジも可能です。   before 定期的にカラーもしてるし、ハイライトもしてるし、ダメージもあって、矯正は諦めていた、という方も、 after   ダメージがあっても、髪への負担最小限でキレイに伸ばせます。 ・ before 大きなうねりは無いものの、ぼわぼわバサバサして髪を下ろす時はいつもストレートアイロンしてるという方 after こんなにツルツル。 さらに同じお客様が。4ヶ月後にご来店。この日はトリートメントのみのメンテナンス。 まだまだツルツル。(写真はサラリとブローしただけです。アイロンは使ってません) ・ ・ 髪のバサバサ、チリチリ、もわもわでお困りの方、ぜひご相談下さい。 「髪が傷んでいて、バサバサ、、、」と思っている方多いですが、ダメージによるバサつきではなく、クセによるモノが多いです。 また、「30過ぎた頃から、急に髪が傷みやすく、何をやっても、チリチリ、ぼわぼわしてしまう」とお悩みの方も多いですが、それもエイジングによる髪のクセの場合がとても多いです。 その髪を扱いやすくしてくれるのが、 closetの【縮毛矯正】です。 髪がまとまらない、ツヤがでない、広がる、 でお困りの方、ぜひご相談下さい。        
2022/04/06
「白髪ぼかし」「白髪染めハイライト」「脱白髪染め」「白髪を活かしたカラー」など、白髪に関するワードが盛りだくさんな今日この頃。 でも一体、自分にはどんなカラーが良いのか分からない、自分の白髪状態だと、ハイライトをすれば良いの?活かしてカラーできる?といった疑問がある方の為の記事になっております。実際の施術例を交えて解説します。 ・ 美容室選び、カラーのタイプはどんな感じが良いか、また自分の白髪の生え方だと、どの染め方が良いのか、選ぶ参考になればと思います。 【白髪ぼかしとは】 従来の「白髪染め」は、白髪を黒〜こげ茶くらいの濃いめのカラーで染めて、均一な髪色に仕上げるのが主流でした。お客様が、「ちょっと明るめに染めたいな」と希望を言っても「明るくすると白髪が染まらないですよ」と美容師さんに否定されてしまう事も少なくなかったと思います。 なので、 「白髪染め」=「暗めの髪色」 と刷り込まれてしまっている方も多いのではないでしょうか?? しかし最近は、白髪は隠すものでは無く、活かしながらカラーする、白髪に対してポジティブな思考、施術が増えています。それが「白髪ぼかし」や、「白髪を活かしたカラー」と紹介されています。 「白髪ぼかし」とは、白髪は染まってなくて良い、周りと馴染んでいれば、しっかり染めなくても染まってないようには見えない、ようにしていくカラー方法です。 例えば、  ↑コチラのお客様。顔まわりを中心に白髪があります。以前まではかなり暗めに染めて白髪カバーしてました。(暗めじゃないと白髪部分だけ染まってないように見えてしまうため。) それを、白髪をしっかり染めず、ぼかすように馴染ませるカラーを施すと、、、↓    暗めではなく、明るさと透明感のあるカラーに仕上がります。でも固まり白髪部分が染まってないようにも見えません。 白い筋感が残っていますが、こちらは天然のハイライトとして活かす事ができます。 元々の白髪を活かして、うっすら色を入れつつ全体の明るさを整えていく事で、伸びてきた時も自然で、月1カラーが必須だった方が2ヶ月おきでも良くなったりします。 ・ また別の方の例ですと、 ↑↑全体的に散らばる白髪タイプの方↑↑ コチラの方は、明るめカラーをご希望だったので、ブリーチまでは使わないリフト剤で明るめにトーンアップして白髪を馴染ませています。 コチラももちろん白髪染めは使っておらず、良くみると白髪はそのままです。このくらい明るめだと、伸びてきた時、白髪が気になるとゆーよりはプリン状態の根本黒が気になります。 以前は白髪が気になってカラーしにきてたけど、明るくしたら白髪減った気がするくらい、気にならない笑、と喜んて頂いております。 ・ 「白髪ぼかし」とは、白髪を髪色全体に馴染ませて、白髪っぽく見せない、白髪をしっかり染めるというよりかは、もともとの白髪の量を活かしたり、明るさに合わせて、カラーを施していくようなカラー施術を言います。 ポイントは白髪の量によって、明るめカラーに仕上がる点。 白髪がなくカラーを全くしてない日本人の髪は、 だいたい4レベルくらいの暗さです。地毛明るいね、という方で6〜7レベルくらいの、ダーク系の髪色の方が多いです。(ハーフの方とかは違う事もありますが) が、白髪はそれが一気に20レベルくらいの明るさです。白髪は明るめの髪色なのです。 4レベルのダーク色の中に20レベルくらいの明るさが点在してるので目立つのですが、4レベルのベースを10レベルくらいにすると、レベル差が縮まる事で一気に20レベルの白髪が目立たなくなります。   視覚効果を利用したカラーと言えますね。 なので、白髪をぼかそう、馴染ませようとすると、明るめカラーに仕上がるのは必須です。 それが、黄色系の明るさだと、いまいちヤンキーっぽくなってしまったりしますが、透明感のあるベージュや、ブラウン、ピンク系ベージュの柔らかいツヤがあって肌馴染みが良いカラーに仕上がるのが、「白髪ぼかし」と言います。 (※美容師さんによって、多少の見解の違いはあるかと思いますが、悪しからず)  【白髪ぼかしオススメな方】 ◯固まり白髪の方 ◯白髪点在系の方     【白髪染めハイライトって?】 では、「ハイライト」とはなんでしょう? 先程、白髪は20レベルくらいの明るさの髪だ、と言いましたが、ハイライトは敢えて白髪に近い明るい髪色を増やしていく施術です。白髪も明るい線なのですが、それがまばらだから目立つのですが、ハイライトは頭全体に均一に白髪の代わりになるような筋を入れていきます。 例えば 顔まわりにだけある、チラホラ白髪、、、 これは気になりますよね。 でも全体的にハイライトを入れると   筋感が全体に散らばって、白髪なのかハイライトなのか分からなくなります。 全体の仕上がりはこんな感じ↓ また、別の方は、  before  after     白髪の横に明るい筋が入る事で、白髪が目立ちにくくなります。 ・   別の方の仕上がり  ハイライト効果でより白髪と馴染みのよいグレージュカラーに仕上がってます。   このように、ハイライトというのは、全体的にスジ感をあえて入れて、白髪なのか、ハイライトなのか分からなくするカラー方法です。また、根本が伸びてきても、ハイライトの明るさが勝って、これまた白髪が目立ちません。 そして、これも明るいスジ感を足すので、髪色は明るくなった印象になります。 「白髪ぼかし」はワザと入れるスジ感はなく、だいたい1色に染まった仕上がりですが、ハイライトはスジ感が分かる外国人風な仕上がりになるのが特徴です。   ハイライトはブリーチ剤を使って、スジ部分だけ、脱色していきます。そこに色が入るので、透明感があり、立体的なカラーに仕上がります。 もちろんダメージはゼロではありませんが、適切なブリーチ技法、メンテナンスを行えば、そこまで大変なダメージ毛にはなりません。担当の美容師さんと良く相談して行う事をオススメします。 ※ダメージケア重視ではないサロンですと、後々傷んでしまって大変、、、な事も少なくないのでご注意を。   【白髪染めハイライトがオススメな方】 ◯チラホラ白髪さんタイプ ◯髪全体に散らばって白髪があるタイプの方 ◯白髪率、高めなんだけど、漆黒に染まってしまっている方の徐々に明るくしていきましょう、の時にハイライトを用いたりもします。 【白髪を活かしたカラーとは】  「活かす」と言うのも、ぼかしたり馴染ませたりとニュアンスはほぼ同じですが、私的な見解としては、白髪率がかなり高めの方で、染めてなければ、ほぼ白よりのグレーくらいの方で、その白いベースを利用したカラーを指して紹介されている事が多いです。 例えば before 白髪率50%以上で、顔まわりは特に白い部分が多いコチラのお客様に白髪を活かしたカラーをすると after 透明感のあるピンクベージュに仕上がります。 コチラのカラーはハイライトやトーンアップなどはせず、1回のカラー施術でできます。 ※以前までが漆黒に染まっている場合は、何回か施術を分けて徐々に変えていくのがオススメです。 また別の方ですと、 白髪率が高いとますます透明感のあるカラーにも仕上がります。  プラチナベージュや     ピンクベージュにも  ちなみに白髪率は90%以上。  50代最初の頃くらいにヘアカラーをやめて白髪にしてたけど、70代手前で白髪ヘアに飽きたということで、カラーのご相談頂いて、無理なく色んな色が楽しめるようご提案させて頂いてます。  ・ 白髪を活かしたカラーは、白髪をベースに施術していきますので、これまた明るめで透明感のあるカラーの仕上がりです。  before 5週に1回程度、髪のメンテナンスに来て頂いている方で、白髪率は50%以上で高めですが、白髪を活かした透明感のあるカラーに仕上げているので、根本が出てきても、あまり気にならなくなったとおっしゃって頂いてます。  after ツヤのあるグレージュに染め直しました。 この色も白髪を活かしたカラーだから成せるワザ。 ・ 顔周りに白髪が集中してて、目立つのが早く困っている方は、白髪をあえてベージュに染めてインナーカラーとして活用する事もできます。 【白髪を活かしたカラーがおすすめの方】 ◯全体的に白髪率高めな方 ◯顔周りにとくに白髪集中してる方はインナーカラーとして活用できます。 【まとめ】 「白髪ぼかし」「白髪を活かしたカラー」はニュアンスはかなり似ているように感じます。大切なのは、《ご自分髪の悩みが何か》という事が明確である事です。 その悩みに応じて、どんな施術が適切か、どんなカラーが合いそうか、担当の方とご相談されるのが良いと思います。 「髪の色が明るいのにはちょっと抵抗がある、、、」という方も、黄色っぽい明るさなのか、ピンクやブラウンの色味がしっかり入った明るさなのかで、印象はだいぶ違います。そのあたりもしっかりカウンセリングしてもらって理想の色味に近づけてもらいましょう。 また「ハイライト」に関しては、スジ感が入るので周りと違ったオシャレ感は演出できますよね。 白髪染めを、明るくするためにはハイライトが必須と思われている方も多いですが、必ずしもそうではなく、あくまでデザインカラーですので、明るくしたいけど、ハイライトは入れたいのか、入れたくないのか、なども、上記施術例を参考に考えてみて頂くのもよろしいかと思います。 ・ その他にも、【白髪カバー方法】はたくさんあります。やっぱり黒髪ベースで、行きたい!という方は下記ブログも参考になさって下さい。 「チラホラ白髪は染めずにぼかそう」 https://www.closet-life.com/closet/sp/color/entry34934.html ハイライトを使って、漆黒に染まってしまった髪を明るくしていく場合は以下ブログをご覧下さい。 「白髪染めハイライト失敗しない為に」 https://www.closet-life.com/closet/sp/color/entry36373.html ・ ・ 自分にはどんなカラーができるのか分からない、でも現状変えたい!とお悩みの方、下記LINEにてご来店前の無料カウンセリングも行っています。お気軽にお問合せください。     この記事を書いているのは ボーダーデニムが定番です。オオタニメグミです。  
2022/02/24
クローゼット 新宿 田中です。   最近、自分の白髪ぼかしをやってみました。白髪がぼけてツヤがでるだけでなんだか若くなった気になりました。見た目ってとっても大事ですよね この白髪ぼかしは白髪を薄いグレーに染める白髪ぼかし。薄く白髪を染めるので完全には染まらないけど、真っ白な白髪が少し色が入るので白髪が目立たなくるタイプ。 白髪になっていないところはより黒くなって髪に艶が出ます。時間も早いこともおすすめですね。いつものカットにプラス20分ほどで白髪をぼかすことができるので男性の白髪染めにおすすめです。       白髪染めで暗くなりすぎた髪を自然に明るくしたい  『白髪ぼかし』『脱白髪染め』『白髪ぼかしハイライト』って最近よく耳にすると思いますが、この白髪ぼかし、脱白髪染めのテクニックは色々とあってテクニックによって色々と効能はそれぞれ 最近、よく出る脱白髪染めはブリーチを使うハイライトを駆使して白髪が生えてきても境目が目立たなくするテクニック。 ハイライトで白髪と同じような立てのカラーのラインが、自分の白髪とブレンドして白髪が伸びてきた時に伸びてきた時に目立たなくなることが効能やメリット。 その上、髪の色に動きが出るので立体感が出てぺったりする表面に動きが出て 若々しく見えます。 また、意外に知られていないとてもいい効能が2つ ①暗くなりすぎた白髪染めを自然に明るくすることも出来ます。 ・ブリーチを使用してハイライトを入れるので明るくなります。   ここに色を入れるので   こんな感じに。金髪のところは落ち着いて透明感のあるカラーになります。 (明るさや色味は感じはコントロールできます)     ②カラーアレルギー(ジアミンアレルギー)で明るいカラーを使えない人にもお勧め!  カラーアレルギーになってしまうと、髪を明るくしながらカラーを入れることが出来なくなってしまいます。髪に色を入れる成分に体がアレルギー反応のが出てしまうからなんです。 そこで、まず明るくするハイライト(アレルギーが入ってないお薬を使用)をして明るくして、その後マニキュア等のアレルギー物質が入ってないもので色を入れることでカラーアレルギーの方でも明るいカラーをできます。明るくする、色を入れる工程を2回に分ける 白髪染めハイライトのテクニックを使うことで、『白髪染め』やカラーアレルギーで髪のカラーを諦めていた方にも暗くするだけではないカラーを楽しめるようになりました。   白髪染めやカラーアレルギーの場合、髪が暗くなる理由 黒くなるには理由がそれぞれ 『白髪=悪』と感じていると黒くなる 白髪をしっかりと染めたい人は暗い白髪染めで染めていくのでどんどん暗くなります。   髪を明るく染めると白髪はしっかり染まらないので、白髪=悪の場合だと髪を明るく染めながら白髪を染めると物足りない感じに。そうなると染める色が黒くなって、髪が真っ黒に 白髪は黒く染めるよりも、その人の肌に似合う色、明るさにすることがとても重要。 しっかり染まっていなくてもその人が素敵に見えることが大切です。  ジアミンアレルギーだと黒くなる カラーアレルギーの方はカラー剤を使うとアレルギーが出てしまうので、ジアミンがはいっていないカラー剤しか使えません。ジアミンが入っていないカラー剤になると明るくする成分が入っていない染めれば染めるほど暗くなる傾向に(マニキュアが代表的なもの)   またホームカラーをしている方も黒くなる傾向があります。   そんな暗くなった髪を自然に明るく出来る白髪ぼかしハイライトを解説   白髪染めで暗くなった髪を自然に明るくする   まず白髪染めで暗く染まった髪は何もしないと暗いまま、 (粉のカラーで染めた黒髪。縮毛矯正しても色は明るくはなりません)   ここが意外と勘違いしやすいところで、明るくした髪は時間が経つとだんだん明るくなるのに、白髪染めで染めたような黒にした時はほとんど明るくなってこない。 しかも何もカラーをしていな髪を明るくできるカラー剤ではほとんど明るくならない 明るくするにはブリーチや脱染剤などのかなり強い薬を使うことが必要になります。  暗くなった髪を明るくする クローゼットでは徐々に明るくすることをお勧めしてます。 大体2〜3回の施術で自然に明るく希望色に持っていきます。   毛先は既に1度ハイライトを入れている状態。   ほんのり明るくはなっているけど、ハイライトが入っているところと、ハイライトが入っていないところのコントラストがしっかりありますね。 それが2回目のハイライトで細く繊細なハイライトを入れることで   別の光の場所だと   こんな感じの明るさになります。   あともう一回ぐらい入れるとよりいい感じにベージュっぽくなります。 そうなるまでの期間は1ヶ月半〜2ヶ月周期で3回は来ていただきたいので約半年はかけます。 この間は出来たらホームカラーはやめてもらう事が理想ですが あなたの白髪との付き合い方に合わせて白髪を明るくするプランを立ててます。 (クローゼットではホームカラーを完全に否定はしてないので安心してくださいね)      ちょっとでも白髪が気になるけど明るくしたい方はこんなデザインも     パキッとハイライトが入ってるスタイル。 これぐらい入れておくとホームカラーして毛先に色が入って行ってもある程度は明るさを保てるしデザインとしておしゃれ。真っ黒の動きがないスタイルだと飽きますよね。   白髪の割合が増えるとこんな素敵な透明感があるベージュカラーにもできるようになります   この方はサロン白髪染めとホームカラー白髪染めを併用してたけど、白髪の割合が増えてきたことをきっかけにハイライトで明るくして、もともとの白髪の透明感を活かしてベージュ系してます。   こんな感じで白髪の量や生え方は人それぞれ、 それぞれに魅力があるのでその白髪の魅力を白髪染めハイライトで引き出してみませんか? 黒く染めるだけの白髪染めに飽きたら、白髪染めハイライトオススメです。   クローゼット 新宿
2022/02/06
    『デジタルパーマだとかかりすぎる感じがする』 『デジタルパーマをかけるとチリチリに・・・』 『デジタルパーマをかけると手入れがラクと聞いたのに、ラクになったことがない』 などとお悩みの方に デジタルパーマを失敗しないで上手くかけてもらうための5つのポイントを デジタルパーマが好きな美容師歴26年の現役美容師 closet 田中がお伝えします。  田中ってこんな人>>>     自分がなりたいイメージを美容師さんと共有しよう パーマをかける美容室がデジタルパーマを押しているか? 自分の髪の状態をしっかり確認してもらおう 普段の自分のスタイリングの仕方を伝えよう まずはカットから 何度か同じ美容師に担当してもらう まとめ 自分がなりたいイメージを美容師さんと共有しよう やりたいデジタルパーマのスタイルをしっかり美容師と共有しましょう。 どんなにデジタルパーマをかけることが上手くても 仕上がったスタイルが好きでなければそれは失敗。 カールやウェーブが綺麗に出るだけでは可愛くないですよね サロンには得意、不得意なスタイルもあります。 サロンのウェブサイトのスタイルを見て、そのサロンの傾向も確認しておくことも大切。 デジタルパーマをサロンで勧めている、もしくはデジタルパーマが得意とうたっているサロンをを選びましょう。 そうすることでデジタルパーマの失敗せずに上手くかけることに近づきます。 また、自分がやりたいパーマの写真等を準備しておくとより良い 言葉だけだとどうしてもイメージのズレが・・ 最近だとインスタやピンタレストを使うといい写真が集まります。お互いにイメージのずれが少なくなるような工夫をするといいと思います。 また、イメージに近いパーマの写真が見つからない場合はパーマはあきらめた方がいいかもしれません。 なぜなら、今はインスタグラムのようなSNSでの写真が多くあるのでイメージに近いのがあるはず、 無いという事は現実的に作りにくいものかもしれません。   パーマをかける美容室がデジタルパーマを押しているか? サロンのウェブサイトのスタイルを見て、そのサロンの傾向も確認しておくことも大切。 先ほど項目と重複するんですが デジタルパーマをサロンとして勧めている、 もしくは デジタルパーマが得意、上手いと言っているサロン を選びましょう。 なぜかと言うと、サロンによって得意、不得意があります。 カラーが上手なサロン、 カットが上手なサロン、 アレンジがうまいサロン、 縮毛矯正がうまいサロン などなど、サロンによって多少なりうまい、苦手があります。 またパーマがうまい、得意なサロンはハイライトやダブルカラー、ブリーチ等は押してないサロンが多い傾向にあります。 なぜなら、ブリーチをすると髪がパーマをかけれない状態になりやすいからなんです。 最近のサロンは専門性が出てきているのでカラーが上手なサロンはパーマやデジタルパーマにあまり力を入れていない傾向があります。    また、リアルなお客様のパーマスタイルが載っているところも大切です。 (髪が濡れている状態でパーマが出ていることがポイント。) 乾いている状態だけだとアイロンでセットしてる可能性もあります。 実際にかけたデジタルパーマを載せているスタイルはそのサロンが得意なパーマスタイルとも考えられます。 これだけ確認できたらかなりデジタルパーマの失敗は防げるでしょう。 そのスタイルも参考にパーマが上手いサロンを選びましょう!   自分の髪の状態をしっかり確認してもらおう 髪がデジタルパーマをかけれる状態にあるのかが大切 ダメージで髪に弾力やハリがないと 美容室ではパーマが出たけど自分だとうまくスタイリングできないことも そのためにはしっかりと髪の状態を見てもらうこと 触って見たり色々と確認できるのでチェックしてもらいましょう。 デジタルパーマを上手くかかけるためにシャンプーする前に確認することは ・いままでデジタルパーマの経験は? ・パーマのもちが良いか悪いのか? ・カラー、パーマ、ストレート履歴の確認 ・普段のスタイリングの仕方(アイロン等使用してるか?) ・髪の強度の確認 ・髪の太さ、細さ ・髪が乾燥してるか、油っぽいか? ・癖の有無 またシャンプーした後に ・濡れた状態での髪の強度を確認 ・濡れた状態での癖の有無 は確認します。 初めてのサロンでデジタルパーマをかける時はこれまでの髪の経歴がわからないのでしっかりと毛髪診断してもらうことが大切です。毛髪診断をあまりやってもらえない時は、その美容師さんが仙人級の達人か、あまりデジタルパーマのことを理解してないかのどちらかです。仙人級な人のはかなりの少数ですのでその人にパーマをかけてもらうことはやめましょう。失敗する可能性が高いと思います。 またデジタルパーマがかかるか難しそうな場合は 経験に頼らず、髪を少しもらってストランドテストをやってもらうことをオススメします。 ストランドテストとはこれでかかるだろうと決めた薬で前もって実験するやり方  写真みたいに少しの毛束に実際にデジタルパーマをかけます。 手間と時間はかかるんですがこれでかなりの失敗は防げます。  かからないならまだしもチリチリになる事故が未然に防げるのはお互いにメリット大きいですよね。 (髪のダメージがある方は特におすすめ)    またデジタルパーマをかけていく中で、現状の髪の状態で実際には デジタルパーマをかけれないこともありますが パーマをかけれないことを伝えられるだけではなく、その先のデジタルパーマをかけるための道のりを しっかりとアドバイスしてくれる美容師に会えたら イメージに近いデジタルパーマをかけれることにかなり近づいていると思うので 気長にその美容師さんにしっかりついていきましょう   普段の自分のスタイリングの仕方を伝えよう 普段のスタイリングの仕方を伝えましょう。 ・シャンプーするのはいつか? ・夜洗うなら朝は寝癖直しとして髪を濡らすか濡らさないか? ・ドライヤーをかけるかかけないか? ・スタイリング剤はどういったものをつけるのか? 実際のスタイリングする時にあったデジタルパーマのかけ方にしてもらうことは大切  シャンプーをいつするのかは 夜洗った時のデジタルパーマのでかたと朝洗って出るデジタルパーマの出方が違う 朝洗ったほうがデジタルパーマがしっかり出るんです。 パーマの出方もきれいかな。夜洗うと寝癖でよく言えばカジュアルにパーマが出ます。 ドライヤーをかけるかかけないかでも違ってくる デジタルパーマは普通のパーマよりもパーマが出やすいんですが それでも違いが出ます。(デジタルパーマの性質ついてはこちら) ドライヤーを使わない自然乾燥だとパーマがそのまま出るので イメージのスタイルの強さでかけないとなんだか仕上がりがくるくるに(笑) スタイリング剤でも違いますね ムースタイプなのか? ジェルタイプか? ワックスタイプか? それぞれでデジタルパーマの出方が違ってくる また普段のスタイリングが実はパーマスタイルのスタイリングにあっていないことも そういったことを確認できるのでぜひやってみてください   まずはカットから デジタルパーマをかけるのに失敗しない一番大事になるポイントは、 いきなり初めてのサロンでデジタルパーマをかけるよりは 『まずはカットから!』   まずはカットしてもらい担当してもらう美容師の技術力を確認しましょう。 デジタルパーマは技術的に難しいテクニック 上手くなるにはしっかりとトレーニングが必要 トレーニングをしっかりやっているサロンはカットも上手く、 しっかりとトレーニングしてる傾向があります。 デジタルパーマを失敗されるときはカットも失敗されていることが多いので カットとデジタルパーマ両方で失敗よりはまずカットでそこの美容師の技量をみましょう。   何度か同じ美容師に担当してもらう 一度サロンでデジタルパーマをかけてみて100%で気に入らなくても 60%ぐらいだったら何度かそのサロンに通ってみましょう。 初めてデジタルパーマをかけた時よりも美容師が髪質をわかってくれ 2回目3回目が希望に近いデジタルパーマになる可能性が高まりまます (2〜30%だったら違うサロンにしましょう笑)    まとめ 全部のポイントをしっかりと押さえてデジタルパーマをかければ かなりイメージに近いデジタルパーマがかけれると思います。  デジタルパーマは美容師の技量も大切ですし もともとの髪質も重要になってきます。 現状の髪質にあった適正なデジタルパーマをかけてもらえれば あなたを魅力的にしてくれること間違いないでしょう。   この記事を参考にパーマライフ楽しんで下さいね!!   パーマに関してオススメの記事 『デジタルパーマとパーマの違い』  
2022/02/05
『髪がまとまらない!』と思うときありませんか? 髪が伸びてきてまとまらない事とは違い ボリュームやくせ毛、湿気があるとうねる、広がる、前髪がうねる、ツヤが出ない、ダメージでパサつく そんな悩みを解消してくれる美容室の技術をご紹介します。    こんにちは! 新宿御苑で美容室を営んでいる closet 田中です。   髪の毛の悩みを解決するために日々研究することが好きな美容師で 美容師向けの雑誌の特集や記事を書いたりもしています。 今回は最近よく耳にする縮毛矯正、ストレートパーマ、酸性ストレートパーマ、髪質改善についてそれぞれの違いを解説していきます。   縮毛矯正とストレートパーマ、酸性ストレートパーマ、髪質改善の違いってなに? 先ほど出ていたあなたの『髪の悩み』 ボリューム、くせ毛、湿気があると膨らむ、うねる、パーマを落としたい、パーマを失敗したから落としたい ツヤが出ない、ダメージでパサつく などなどあなたの髪の悩みはほとんど縮毛矯正、ストレートパーマ、酸性ストレートパーマ、髪質改善で悩みを解消することができます。 そこで、まずそれぞれの技術の特徴を整理します!   縮毛矯正はどういった技術? 縮毛矯正は髪をまっすぐに整える技術です。 1度縮毛矯正をかけたところは、もとに戻ることもほとんどなくまっすぐなままです。 髪を洗って乾かすとブローしないでもまっすぐまとまります。  縮毛矯正は普段の手入れがほとんどいらないで収まるのが人気です。 ブローしないとまとまらない『癖毛』の方にとてもおすすめの技術になります。 癖が強く、髪が硬く、髪が多いことで髪ボリュームが気になる人には特におすすめな技術です。 縮毛矯正がおすすめな人 ・髪が硬くてボリュームが気になる ・髪が多くてボリュームが気になる ・何もしなくてまっすぐストレートににしたい ・うねる癖毛だ ・くせが強い ・ブローしても癖が出る ・ブローしても湿度があるとくせが戻る ・梅雨や湿度が高いと頭が大きくなる 縮毛矯正のビフォーアフター ドライヤーで髪を乾かすだけでまっすぐに収まります。 縮毛矯正のデメリットとしては ・縮毛矯正のデメリットはダメージがある。 ・縮毛矯正のデメリットはボリュームがなくなってぺったんこになる。 ・縮毛矯正のデメリットはまとまりすぎ(ストレートになりすぎて)て動きがない(さみしく見える) ・縮毛矯正のデメリットは毛先がまっすぐになりすぎる。ツンツンになる ストレートパーマ ストレートパーマはどういったもの?! ストレートパーマは縮毛矯正とくらべて癖を伸ばす力はあまりありません。ボリュームダウンする力もほんの少し。またそれらの持ちも1か月あるかないかです。 そんなストレートパーマが輝く時はパーマをとる、おとすとしてストレートに戻したい 縮毛矯正が今みたいに一般的になる前はよく使っていましたが、今ではほとんど使わない技術になってます。 ストレートパーマが向いている人 ・ストレートパーマはパーマを落としてストレートにしたいに向いている ・ストレートパーマは癖はないが1か月ほどボリュームをおさえたい ストレートパーマが向いていない人 ・ストレートパーマはくせがある方には向いていない ・ストレートパーマはくせがあって真っすぐにしたい人には向いていない ・ストレートパーマは自分で何もしないでくせ毛をさらさらにしたい人には向いていない   酸性ストレートパーマ  酸性ストレートパーマってどんなもの⁇ 最近、流行りつつある酸性ストレートパーマ。少しずつ耳にすることも増えてきました。 実はこれ。『縮毛矯正』と同じ技術なんです。 使うお薬が酸性に変わっただけ。でもそれだけで仕上がりがかなり違ってきます。 縮毛矯正はアルカリ性(髪がやわらかくなる状態)のお薬を使うことが多くボリュームを抑えてくれる効果や真っ直ぐにする効果が強い傾向にあります。 酸性ストレートは酸性(髪の毛が健康でいやすい状態)のお薬を使うのでボリューム抑える効果や真っ直ぐにする効果は弱くなりますが、手触りや艶感は特に良くなります。ストレートにする効果が弱いように感じますが、その代わりにお薬を置く時間をしっかりとるのでストレートの効果は通常の縮毛矯正となんら遜色はありません。 酸性ストレートパーマ、酸性縮毛矯正がおすすめな人は? 髪が太くて、髪が強い髪質の人は今までの縮毛矯正でストレートをしても問題ないですが、 髪が細い、髪が少ない、髪が傷みやすい悩みがある方には酸性ストレート、酸性縮毛矯正ストレートはおすすめのストレート技術になります 例えば、今まで縮毛矯正をして ・ストレートになりすぎてぺったんこになった人や、 ・ボリュームがなくなって嫌だった人。 ・縮毛矯正して真っ直ぐになりすぎるて毛先がツンツンになってしまった人 におすすめの縮毛矯正技術です。   ぼわぼわと広がりやすい毛質でもともとの髪の色が明るい人は、縮毛矯正をするとボリュームがつぶれやすく、ダメージが出やすい傾向にあります。   根本と毛先の矯正のお薬を塗り分けて施術してます。ダメージと伸び具合をコントロールしています。 酸性ストレートに向いている人 ・酸性ストレートは髪がダメージしやすい人に向いてます ・酸性ストレートはエイジング毛、細毛の方に向いてます。 ・酸性ストレートは白髪染めを毎月されている方に向いてます。 酸性ストレートに向いている人 ・酸性ストレートは髪が固い人には向いていない。 ・酸性ストレートは髪が健康な人には向いていない。   髪質改善トリートメント 髪質改善トリートメントはどんなもの? 髪質改善も最近よく耳にするのではないでしょうか? 髪質改善は簡単に言えばトリートメントメニュー。とても効果が高いトリートメントメニューになります。 基本、トリートメントなので癖を伸ばす力はほぼありません。 効果の持ちも長く1か月から長い人では2か月。普通のトリートメントは良くて1〜2週間なので、とても効果が長い事が特徴です。 今では髪質改善も色々なタイプが出てきて、髪質や悩みに合わせてチョイスすることができるようになりました。 髪にコシがない、ボリュームが出る、ツヤが出ない、ほんのちょっと膨らみが気になるなどなど 縮毛矯正をするほどではないけど、どうにかしたいと感じている方におすすめです。 ツヤ、手触りまとまりやすさが改善されます。 ドライヤーをかけないで自然乾燥でどうにかしたい方には縮毛矯正がおすすめになります。 ブローはしなくてもいいんですが乾かさないと、癖が出たり、ツヤが出にくいことも 乾かしてあげることがおすすめです。 髪質改善を体験しているお勧めの記事>>  髪質改善がおすすめな人 ・髪質改善はツヤが欲しいにオススメです ・髪質改善は癖はないが広がる人にオススメです ・髪質改善はまとまりが欲しい人にオススメです ・髪質改善は髪をサラサラにしたい人オススメです ・髪質改善は縮毛矯正をいつもかけているが、少しまとまりが悪くなってきた時のメンテナンスしたい人にオススメです そんな方にお勧めです。 プライスと施術時間 それぞれの値段と時間を違いをご紹介 縮毛矯正,酸性ストレート 料金 一番安くて6000円ぐらい、高いところは5万円。平均1万5000円ぐらいです。 施術時間は、シャンプー、ブローを含めて2〜3時間  料金は施術時間と比例することが多い。時間の違いは以下のような理由があります。 縮毛矯正の施術時間を短い理由 ・縮毛矯正の薬(1剤)を強くする。 ・複数人で行う。(4人で施術を行うところも) ・トリートメント処理をしない、または簡易的なものにする。 ・ストレートアイロンの施術を幅ひろくざっくりと2〜3センチの幅でする ・2剤の時間を短くする ・美容師の技術のスピードが速い 縮毛矯正の施術時間が長くなる理由 ・縮毛矯正の薬(1剤)を適正にする。 ・1人で行う ・トリートメントの処理を髪のダメージに合わせて行う。多いところでは縮毛矯正の薬を塗る前、 薬をシャンプー台で流した後の中間処理、最後の薬(2剤)を流した後の後処理の3回も行うところも(もっと多いところもあります) ・美容師の技術スピードが遅い ・アイロンの施術を幅を薄く5mm~1cm幅で行う   施術時間が短いことも、長いこともそれぞれ理由があって、それが良いことなのか悪いのかは一概に言えません。 ただ、施術する人が4人なのに時間が4時間かかるところはよくないかもですね ストレートパーマ 料金 2千円〜1万円  施術時間はシャンプー、ブローを含めて1時間程度   髪質改善トリートメント 料金 5千円〜3万円  施術時間は1時間〜3時間 髪質改善トリートメントも縮毛矯正と同じく料金と施術時間に差があります。 理由は縮毛矯正とほぼ同じ感じで時間と料金が比例してます。 また、トリートメントの材料が高価な髪質改善は料金が高くなります。   失敗しないためのコツ 失敗しないためのコツは、まずは自分の髪の悩みがどういったものかを整理することが大切です。 なぜなら縮毛矯正や髪質改善のほとんどの目的は髪の悩みを解決してくれる技術だからです。 この悩みをしっかり出すことでほとんどの失敗を防げます。 例えば、 美容師さんに『癖が気になるので真っ直ぐにしたい!』と伝えたとします。 そこからしっかりとカウンセリングしてくれる上手な美容師さんなら 『どんな時に癖が気にな理ますか?』 『普段の家での手入れはどんな感じですか?』 『どれくらいの時間毎朝時間かけれますか?』 『まっすぐになりたいのか?収まりたいのか?』 などなど聞いてくれて、あなたにあったメニュー 『髪質改善』や『縮毛矯正』、『前髪だけの縮毛矯正』もしくは『カットだけでおさまります!』とあなたに合ったメニューをチョイスしてくれます。   ところがあまり考えず、言われたことだけをそのまま受け取るだけの美容師さんだと 担当の美容師さんが思うまっすぐになるので、ほぼ縮毛矯正の一択になって、 『まっすぐだけど変じゃない?』 『毛先がツンツンすぎる!』 『縮毛矯正かけたあとなのに毛先がまとまらない』 なんてことも。  失敗しないサロン選びのポイント! 数多くある美容室のなかから、自分に合う見つけるのは難しいですよね あなたの悩みに合わせたポイントを紹介したいと思います。   とにかくまっすぐしたい!!  そんなあなたの希望には、『縮毛矯正専門店』がおすすめ! 専門店だけあって、癖を伸ばすテクニックは安定してます。 強い癖から、弱い癖までしっかりと癖を伸ばしてくれます。 デメリットはヘアスタイルのデザインがあまり得意ではないところが多い感じがします。 レイヤーを入れないであまり動きが出ないスタイルを勧められることも   ボリュームを落とし過ぎたくない、ナチュラルな縮毛矯正、やわらかい縮毛矯正にしたい ナチュラルな縮毛矯正、やわらかい縮毛縮毛が希望の方には、『パーマを推しているサロン』がおすすめ! パーマを推しているサロンは、髪のボリュームや丸みや動きが好きなサロン。 そんなサロンが行う縮毛矯正はボリュームを落としすぎない、ナチュラルな縮毛矯正、やわらかい縮毛矯正を心掛けているサロンが多いと感じます。 下の写真はクローゼットでの施術例  すごくまっすぐにしたいとゆうより、湿度が高い時や暑くて汗をかくことがあるときにもわもわっとまとまりが悪くなって、ツヤが出なくなってくるのを改善する酸性縮毛矯正です。ナチュラル縮毛矯正、やわらかい縮毛矯正のです。 縮毛矯正してもパーマをかけることも出来る技術を持っているサロンもあります。   こんなサロンは避けたるが無難 仕上がりよさ、もちの良さ、髪を綺麗に保ちたい方はこんなサロンは避けた方が無難かもしれません。 ブリーチでのハイトーンを推しているサロン。 ハイライトならともかく、全体ブリーチと縮毛矯正の愛称はとても悪いことは美容師は知っています。 縮毛矯正はあまり経験が少ない場合が多く、技術不足な傾向があります。   極端に安い、施術時間が短い 極端に安いサロンは、教育に時間をかけていないサロンが多いかも 施術時間が短いサロンで人が常に2〜3人ついて施術してくれるサロンは良いのですが、 1人での施術で時間が短い場合は注意が必用です。癖を伸ばすための縮毛矯正の薬を強くし過ぎているところも そうすると髪の毛に余計なダメージを与えかねません。当日は良くても後々ダメージが激しくなる可能性があります。   いかがでしたか?『縮毛矯正とストレートパーマ、酸性ストレートパーマ、髪質改善についての違い』は理解していただけそうですか? もし気になることやわからないことがあればお気軽にお問合せいて下さい。  
2022/01/20
もう白髪染めで失敗したくない! 新宿御苑前美容室closetのオオタニです。最近自分の髪にも白髪がチラホラ。スタイリスト歴15年、35歳の私です。30歳手前くらいまでは、白髪生えてきたらどーしよう…なんて謎な不安にかられてましたが、実際生えてきてきたら「お、君たち今後どうなるんだい?」なんて毎日鏡越しに自分の白髪に話しかけてみてみたりして、愛でている自分がいます。だって白髪も自分自身だもの。否定的になることは無いのです。顔のシワもシミも、太くなった二の腕も。(太り過ぎてはダメ。それは健康的に精神的にも良くないから)これから、年齢を重ねて自分自身がどう変化していくのか、不安に思うよりそれを楽しみと捉えた方がよっぽどメンタル的にはラクかな~なんて若輩ながら思っております。 ・ ブリーチにはファイバープレックスを使用しているサロンです  白髪染めしたら黒くなり過ぎてビックリ 白髪染めと日々格闘している、諸先輩方とお話させて頂いていると、皆さん数々、経験と失敗をされてきているんですよね。そんな中で「白髪染めしたら黒く(暗く)なり過ぎちゃう事があって…」な内容がとても多く聞かれます。そんな時アドバイスさせて頂いている内容をこのブログでシェアしたいと思います。 染まり過ぎてしまった髪を改善する方法 はい。まずは結論から。一番髪に負担が少なくて効果的なのは、「石鹸シャンプーで洗う」です。(あくまで私個人の意見です)オススメはあまりしませんが。自分で簡単に色落ちさせる方法の一つです。石鹸シャンプーは肌に優しいというイメージがあるかと思いますが、石鹸水というのは実はアルカリ性なんですよね。髪はアルカリ性のものに触れるとキューティクルが開き、髪内部の色素がとても抜けやすくなります。使っているうちに徐々に黒い染料は落ちていくでしょう。がしかし、髪はアルカリと酸を行ったり来たりする事で(髪は普段は弱酸性)とても傷みやすくなり、短期間でバサバサギシギシになります…お〜こわ。なのでオススメはしません。あしからず。 では、そもそもなんで黒く染まり過ぎる現象が起きてしまうのか、そのあたりを詳しく解説していきますね。   サロンで染めたのに思ったより黒くなってしまった… 初めて行くサロンで、白髪染めをオーダーした場合ありがちです。白髪染めは技術的に難しい事は無いのでサロンによってはアシスタントさんが塗布を担当する事も多い施術です。 もしかして、お客様ご自身も、ただ白髪を染めるだけの簡単な施術でしょ?だから白髪染めだけならどこの美容室に行っても大差ないでしょ、と思われている方いらっしゃるのでは?? がしかし、白髪染めは実は経験と実績が必要なとても難しい技術です。はい。難しいのは塗布ではなく色合わせです。この色合わせ、薬剤選定(何の薬剤を使って染めるか)には、適切な薬剤知識とお客様の髪質、髪の状態、白髪の比率を適正に見極める力がとても重要&必要になります。 そこで、なぜ染まりすぎることが多いのか…?それは美容師が適切に髪の状態が見極められていない場合と、「染まってないって後で言われるより、多少暗くてもしっかりめに染まってた方がクレームにはなりにくいかな」なんて安易な固定概念をもっている場合があるから、かな〜と。恥ずかしながら私も新人スタイリストの頃はそのように思って暗く染めてしまった事があります。また暗くなり過ぎるのが嫌というお客様に対して明るい薬剤を選んだ結果、白髪が染まってないという事になったケースも少なからずあります…。お客様の髪の状態が見極められていないから起こる事故です。 白髪を染める上でさらに大事なのは、染める前のカウンセリングです。 ・仕上がりはどれくらいの明るさにしたいのか ・白髪染めの頻度はどれくらいか ・髪のどの部分に白髪が多いのか、多い部分の白髪比率はどれくらいか ・かゆみや湿疹などのトラブルはないか ・カラー以外のパーマなどの施術履歴 などさまざま確認が必要です。 例えば、髪の一部分にだけ白髪が集中している所と、ほとんど黒髪でたまに白髪がちらほらある、という状態の頭全体に6レベルの薬剤を使ったとします。すると、集中している所は7〜8レベルの明るさ染まり、ちらほら程度の所は5〜6レベルくらいの暗い染まりになります。これだけで、仕上がりはムラになってしまいます。そういった場合には、染める前にそれを見極め、どちらの明るさに合わせたいのか、また明るい方に合わせたら白髪の染まりが少し薄く感じるかもしれない、などメリット・デメリットをお伝えしてその時々の最善の方法を選んで薬剤を使っていくのがベストです。(白髪の比率に応じて2^3種類、塗り分けていくのは当たり前) 白髪染めは簡単な施術にあらず!しっかっりと髪の状態を見極めてくれて、説明してくれて、カウンセリングの丁寧な美容師さんにやってもらうべし!(塗布がアシスタントさんなのは問題無し) 髪全体のカラーリングをオーダーしたら毛先の方だけ暗くなちゃった このような経験がある方、思いだして頂きたいのですが、その暗くなってしまった毛先には以前、デジタルパーマや縮毛矯正などしていませんでしたか?もしくは頻繁にコテなどお使いではなかったですか??そのような履歴がある髪はダメージが進んでいる分カラーの染料がとても染み込みやすく、思いの外暗く染まり上がるという特徴があります。そのように仕上がってしまった場合は、1週間ほど様子をみましょう。ダメージ部分はとても色が入りやすいですが、抜けやすくもあります。1週間くらいすれば抜けてちょうどよくなるハズです。 ホームカラーで黒くなり過ぎてビックリ 原因は? 美容師でも初めてのお客様の髪を染める際、薬選びはかなり難しいので、お客様がドラッグストアなどで数あるホームカラー商品の中から適切なものを選ぶのは更に難しいと思います。実際、私もドラッグストアに行って選んでみた事がありますが、パッケージも様々ですし、何レベルの染まりなのかなどメーカーによっても違いさっぱり選べませんでした。しかしホームカラー商品のすごいところは、技術が要らないところです。そこそこの塗布量でだいたい薬が髪についていれば染まります。そのくらいで染まるように、染料も多く入っていますし、染めるパワーもとても強いです。(誰でも簡単に染める事ができないと商品になりませんもんね) なので、しっかり染まった方が良いかと思って暗めそうなカラーを選ぶと染まり過ぎるという結界に。。。そしてサロンカラーでは可能な根元のリタッチ(伸びたところだけを染める技術)はご自身ではなかなかできないので、暗めの薬が髪全体に伸びてしまって、なんだか全体が暗くなる、という染まり上がり。。。トホホ。 ホームカラーを選ぶ際のポイント そうは言ってもホームカラーの手軽さは否めません。値段も時間もかかりませんし。基本カラーはサロンに行くがやむを得ずホームカラーをしなければならない場合は、以下の事に注意して商品を選ぶとよろしいかと思います。(あくまで私個人の意見です)いつもホームカラーで済ませている方向けではなく、サロンに行く繋ぎ期間でホームカラーを仕方なくしたい方用のアドバイスです。 現在の髪の明るさが、ほぼ地毛の色に近い暗めに染めている方、明るさで言うと4〜6レベルの方は「ダーク◯◯」と表示があるものがベターかと。そして伸びたところだけピンポイントで染めたい場合は泡タイプよりクリームタイプがおすすめですね。サロンで行うカラーはほとんどがクリーム状です。それの方が白髪にしっかりと密着して染まりが良いのと比較的根元だけ狙って染められるので、周りの髪への影響が少ないです。 【4〜6レベルの地毛の明るさに近い方】 また「ほんのりなんとなく染まっていれば良いのよ」という方でしたら、お風呂場で使うカラートリートメントもオススメです。しっかりは染まりませんが、白い部分になんとなーく色が入って目立ちにくくなります。ただコチラは成分がヘアマニキュアに近く髪表面をコーティングする為、明るめカラーにイメチェンしようとした時明るくなり辛いです。なので、その点を理解した上で使用してください。 地毛よりも明るめに染めている方、レベルでいうと7〜9レベルくらいの方は「ライト◯◯」などと表記があったり、比較的明るめに染まることが謳われている商品が良いと思います。そしてコチラの方は泡カラーの使用がオススメです。明るめにしている方は白髪もですが、地毛の黒髪も気になるのでは??地毛の黒髪と染めている髪の茶色と根元の白髪と3色をぼかすには、泡カラーが伸びがよくて染まりやすいです。そして泡カラーの明るめだと沈みこみもそこまでないので、次にサロンに行くまでの繋ぎ期間くらいにはなると思います。 【7〜9レベルの明るめカラーの方】 ※ただし泡を頭や髪全体になじませてしまうのはオススメしません。髪がかなり傷んでしまう可能性があります。あくまで頭頂部や顔まわりの目立つところだけに泡をのせるイメージがよろしいかと思います。そして時間のおき過ぎは注意です。何のカラーを使ったとしても。設定された放置時間かまたはそれよりも短めで全然OKです。 また、明るめカラーにされている方はカラートリートメントの使用もオススメしません。暗くなってしまう可能があります。 自宅でカラートリートメントを繰り返すうちに、いつの間にか黒い お客様がご来店の際、「あら?髪色だいぶ暗めにしたんですね。ん?それも表面だけ・・・」という状態の方がたまにいらっしゃいます。美容室に行けない期間、自宅でカラートリートメントを頻繁に使用していたとの事でした。 ホームカラーでの失敗でありがちなのが、「時間を置き過ぎて染まり過ぎる」事です。時間が長ければ長いほどよく染まる。確かにそうなのですが、それが暗くなる原因です。なるべくサロンで染めた髪色を保ちたいのであれば適正時間を守りましょう。 更に言うと1液と2液を混ぜるタイプのカラー材はそれを混ぜた時点から反応が終了するまでだいたい30〜40分くらいです。塗布に10分程度かかるとして放置時間は20分前後がベター。あとは薬液が地肌や髪についている時間が長くなればなるほど、髪は傷み、頭皮へのダメージも多くなりエイジングを進めます。なので時間は守りましょう。 暗く染まってしまった髪を自然でオシャレな髪色に変えたい! 白髪染めは以外にデリケートな施術であることがお分りいただけたでしょうか?なので長々と綴ってまいりましたが、残念ながら「自力で明るくする方法は無い」とさせて頂きます。ガーーーン。(何度も言いますがあくまで私個人の意見です)冒頭でも言いましたが、自分でやるとしたら石鹸シャンプーで5回くらい連続で洗ってみてください。やんわり明るくなるはずです。 暗く染まり過ぎた髪を明るくしたい時はヘアサロンで相談するのがベスト!! 明るくするのもやや繊細な施術が必要になってきます。そしてなるべく髪への負担が少ない方が良いです。そこでオススメは「白髪染め+ハイライトカラー」という施術です。ハイライトについてはコチラのブログで解説していますのでご覧ください。 『白髪染め+ハイライト』https://www.closet-life.com/closet/color/entry25642.html 暗めだった白髪染めを明るくした施術例 ★6〜7レベルのダークブラウンカラーを8レベルにほんのりトーンアップ   その他、美容室で染める白髪染めはこんなカラーもできます【施術例】 ★全体に細かいハイライトをたくさん入れた立体感ヘアカラー  ★毛先にかけて明るグラデーションカラー ★インナーカラー    ★ハイライトで明るさをキープしつつ白髪カバー ★グレージュグラデーションカラー   まとめ 長々と綴って参りましたが、白髪染めは白髪を染めるだけのカラーにあらず!白髪に対してのネガティブな思考は一旦捨ててオシャレに色々挑戦してみようかな♪なんてポジティブに捉えてみるのはいかがでしょう?20代の頃、「今日は美容室!ワクワク。どんなカラーにしてもうらおうかな!」と楽しみにサロンに行かれていたのでは?そして今、白髪染めというニューゾーンに入ったアナタ、再び美容室へのワクワク感を思い出してください。 白髪染めしたら暗くなり過ぎてしまったという失敗を糧に、自分には何が合っているのか、何が一番ストレスを緩和できるのか、ベストな方法を美容師さんと一緒に探せると良いですよね。一緒にカラーリングを楽しみましょう! 白髪を染めつつ色んなアプローチでのカラーリングをご提案しています。closetオオタニでした。   白髪染めに関するご相談は下記LINEへメッセージ受付けております。お気軽にどうぞ。
2022/01/20
現役美容師closetオオタニによる【髪質改善トリートメント】の効果&持続性を徹底検証!  目次 ①髪質改善トリートメントって何?ふつうのトリートメントと何が違うの? ②こんな人に向いているよ ③自分のクセ毛、広がりには縮毛矯正が良いの?それとも髪質改善?? ④髪質改善トリートメントをしたい時のサロン選びのポイント ⑤効果&持続性はどれくらい?実際の施術例もご紹介 ⑥まとめ 所用時間&料金 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 【①髪質改善トリートメントって何??他のトリートメントと何が違うの??】 そもそも髪質改善トリートメントって何なの?どういう効果があって、他のとはどう違うの?そんなお問い合わせを沢山頂いているので、簡単にではありますがご説明しますね♪ 少し専門的な話になりますが、この髪質改善トリートメントに使用されるのは、主にはグリオキシル酸やレブリン酸、といった酸性の成分を髪内部に浸透&ストレートアイロンなどを使い熱を加えて定着させていく施術です。 酸熱トリートメントなんて言い方もします。 トリートメント剤は色々なメーカーさんで出していますので、言い方はサロンによって様々かもしれませんが、、、(そのネーミングに惑わされる事も多くて見極めが難しいですよね汗) ・髪質改善トリートメント ・酸熱トリートメント などと多くは言われていて、クセをまっすぐに伸ばす縮毛矯正やストレートパーマと違い、まっすぐにする程ではないけど、ボワボワする、湿気の影響を受けやすくて、雨の日はチリチリしちゃう、全体的にツヤがない、などの髪質に対してボワボワチリチリを抑えてツヤのある髪にしていく、といった謳い文句が いわゆるそれですね。 d( ̄  ̄) その他のトリートメントとは何が違うのか?という疑問も挙がるかとおもいますが、 髪質改善トリートメントが市場に上がってくる前のサロントリートメントは、カラーやパーマでダメージしてしまっている部分に対して、髪の成分に近いタンパク質(ケラチンや脂質など)を2〜5段階のトリートメントに分けて徐々に髪の内部に浸透させていくものが多かったです。 もちろんコレはコレでとても効果的です◎ カラーやパーマの繰り返しで毛髪内部のタンパク質は減少してスカスカなので、段階に分けて入れてあげることで、髪にタンパク質が補給され、柔らかくなったり毛先がしっかりしたような質感、まとまりやすい髪に戻ります。またホームケアまで考えられたようなコースもあり、ハイトーンやカラーチェンジが多い方、基本的にいつもパーマヘアというの方には髪質改善ではない方のトリートメントがオススメです。 髪質改善でない方のトリートメントで効果が実感できるのは、3週間ほど。タンパク質など外から入れる成分は残念ながら髪に長く定着はしないので、日々のシャンプーでどんどん抜けていってしまうのです。なので、コレを一回やれば髪が元通り〜というモノではなく、定期的に行いメンテナンス的に使っていくことがオススメですね。 そちらはそちらで現役美容師のオオタニが体験して効果を実感している5ステップのピトレティカトリートメントもありますので、気になる方は下記ブログも見てみて下さい♪ 「ピトレティカ サロントリートメントを体験してみた」 https://www.closet-life.com/closet/blog/entry18454.html     ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ ②こんな人にむいてるよ この髪質改善トリートメントで伸びるクセと伸びないクセがある⁉︎  このトリートメントでボワボワがおさまったり、表面にツヤがでやすくなったりという事を書いてきましたが、具体的にどーいった状態の髪の方に向いてるのか、というお話です。 ・エイジング(加齢)によるボワつき ・ダメージによるボワつき。(頭の上の方はいいんだけど、毛先に行くにしたがって広がる、など) ・カラーの繰り返しや毎日コテを使っていたりして、髪がゴワゴワと硬い感じ。濡らすとギシギシになってしまう髪をしなやかにしたい。 ・縮毛矯正をするほどでもないんだけど、落ち着かせたい。 ・縮毛矯正は半年に1回くらいでもいいけど、その間のメンテナンスで少し広がりを抑えたいな。   といった方々にオススメです。   ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ ③自分のクセ毛、広がりには縮毛矯正が良いの?それとも髪質改善?? でも実際、自分の髪って縮毛をかけた方がいいのか、この髪質改善トリートメントがいいのか、何をやれば正解なの??っとお悩みの方も多いのでは・・・ご自分での判断、見極めって難しいですよね。。。 この髪質改善トリートメントは縮毛矯正ではないので基本的にクセは伸びません。 しかーしこちらのお客様のように、クセがかなり収まって良い感じになる場合があります。そう、これはたまたまでも偶然でもなく。 この髪質改善トリートメントには、実は伸ばせるクセと伸ばせないクセがあるんです。見極めのポイントは乾いて髪の状態と、濡れている髪の状態の違いです。 《効果的な人》 ・髪が濡れている時にはそこまでクセやうねりは無いけど、乾かすとクセが出てくる。ボワボワと広がる。 というタイプの髪の方には髪質改善トリートメントでもクセを落ち着かせる事ができます。(※完全にクセを伸ばせるわけではないです)落ち着いている効果は2〜3ヶ月あります。 《効果が分りにくい人》 ・髪が濡れている時にハッキリとクセがでる。乾いていても濡れていてもS字カーブを描いたようなクセ、うねりがある。 というタイプの髪の方は、効果の実感が少ないと思われます。 ただ、ツヤはでます◎くせ毛の髪ってパサパサした感じに見えやすいので、その部分を解消できればOKという方には効果的です。 ・スーパーハイパーダメージ毛の広がりボワつきの方。 縮毛矯正やブリーチなどの繰り返しで髪のコシが完全になくなってしまっているような方の髪も効果が分かりにくいかと。このような髪は何をするにも見極め&カウンセリングが超重要なので、担当の美容師さんとよ〜く話合って進めていってください。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ ④髪質改善トリートメントをしたい時のサロン選びのポイント 上記でお話しているように、効果的な人、そうで無い人、カラーしているのか、カラーの頻度や明るさ、パーマしているのか、など様々の観点から考えて施述をするべきか否かを決めていくトリートメントになります。なので担当の方とのカウンセリングが超重要!!と私は思います。 いつも行っているサロンで、髪質改善トリートメントを行っているのであれば、担当の方に自分の髪には効果があるのかどうか、カラーやパーマとの影響は大丈夫かなど聞いて、しっかり説明してもらった上ですすめてもらってください。(使うメーカーのものによってはカラーがすごく色落ちする場合もあります) またインターネットでブログやインスタなどみて、サロンを探している段階であれば、やはりそのメニューについて詳しく説明してくれているサロンを選ぶべきだと思います。 この髪質改善トリートメントの注意点は、その日の仕上がりがストレートアイロンでフィニッシュというところなんですよ。。。なのでだれでも、どんな髪でもツルッツルのツヤッツヤに仕上がります。 こんな感じでね。↓↓↓   ちなにこれは私が実験台でやってもらった時の写真です。 (これで髪質改善しました〜って謳っているのは過剰広告になってしまう気がします・・・) なので、このトリートメントをしてその後1ヶ月〜2ヶ月たったあとの写真まで載せてくれているサロンが親切かと思います。(その後の写真もあるっていうことはお客様がリピートしてくれているという事でもありますしね) 私が担当させていただいたお客様はこんな感じです。↓↓↓   2ヶ月以上たってもこのおさまり感は私もカンドーしました。施術前のパサパサ感がなくツヤが持続して、お客様にもとても喜んで頂きましたよん。   ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ ⑤効果&持続性はどれくらい?実際の施術例  ではでは実際にclosetで施術を受けて頂いた方のその後と併せて効果&持続性をご紹介しますね。 《施術例①》 ★昨年10月にトリートメントをやって頂いたコチラのお客様 before   パサつきと大きなうねりがありますよね 縮毛矯正をするかどうか迷っていたんですが、まっすぐ過ぎちゃうのもツライ、うねりが全部とれなくてもOKで広がりが収まれば良い!との事でしたので、closetの髪質改善トリートメントのサプレスアシッドを使って施術させて頂きました! その施術直後がコチラ お〜ツルツルな仕上がり。が、しかし何度も言いますがこの施術はストレートアイロンでしっかりクセを伸ばした状態でフィニッシュなので直後は皆さんこうなります。。。 そこで重要なのは、時間が経過した後、髪がどうなっているかという事!! 施術から2ヶ月半後の12月末! ご来店頂きましたよ。 その時の髪の状態がコチラ!  来店されてまだ何もしてない状態で撮らせて頂きました!   大きなうねりがほとんどない〜!! そしてパサっとした広がりもなく、ツヤが保たれている〜!! 比べてみるとスゴイ   2ヶ月半経つと髪伸びますね。 来店された時、 コレってストレートアイロンでクセ伸ばしてる?? って思わず聞いてしまいました汗笑 いやいや、ドライヤーで乾かしただけですよ、とお客様。 トリートメントをして以来、髪の広がりが抑えられているから、髪を結ばず下ろして過ごせる日が増えてとてもラクになった、と喜んで頂きました。   《施術例②》 ★柔らかい毛質でいわゆるネコっ毛。ペタンコになるワリに毛先だけモワモワと広がってしまう方。 こちらもツヤ感がキープ! 毛先にかけて広がっていたところにまとまり感が出ています! 雨の日でもモワモワと広がってくることが少ない!という喜びの声も 《施術例③》 ★一年に一回縮毛矯正をかけているけど、脱矯正したい方にもオススメかと。 縮毛矯正ほどのクセ伸ばし効果はないものも、ツヤ感とおさまり感がでたので、矯正はせずに自分のクセ毛と付き合っていけるかも、というご感想も頂きましたよ。 脱矯正をめざしてなくても、やはり、矯正をかけるまでのメンテナンスでこちらの施術を受けるのも効果的かと思います。 ★ちなみにコレは私。。。 頭が小さくなった感じでうれし〜 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★  ⑥まとめ 所用時間&料金 何度も言いますが、これはクセを伸ばすものではありません。でも、広がりやパサパサ、ボワボワがトリートメントで改善できれば、かなりいろんな方の悩みが軽減されるな〜と思いますし、さらに効果の持続が長い方では2〜3ヶ月、短い方でも1〜2ヶ月と実感頂けているので、私はこのトリートメントをオススメしている今日この頃です。 クセをある程度はしっかり伸ばした上で、かつ自然な仕上がりにしたい、という方には 『柔らか縮毛矯正でナチュラルストレートヘア』もオススメしています。 https://www.closet-life.com/closet/straight/entry23985.html   自分の髪には、何の施術がベストなのか、なかなかご自身での判断は難しいと思いますので、行ったサロンや担当の美容師さんとよく相談して決めていってもらうと良いと思います。 相談する為には、自分はどうなりたいかのビジョンがあるとより良いですけどね。それも難しい場合は以下のような事を考えてみてください。 ・クセをのばしたいのか ・クセはのびなくてもいからボワつきを抑えたい、のか ・ストレートヘアにしたいのか、いやいやまとまってて普段扱いやすければストレートにこだわっている訳ではないよ、なのか。 これは私がカウンセリングの際にお客様に聞いていることの一部ですが、例えばこのような質問から、今日の施術内容や今後の展開や方針を決めていっています。 実際、トリートメントご希望で来店されたけど、話を聞いていったらやはり縮毛矯正の方が良さそう、なんてことも全然ありますので〜まずはご来店頂いて、髪の状態を見させて頂いた上で、施術内容を決めていくのが一番ですよね。 そんなclosetで髪質改善トリートメントを受けて頂く場合の時間や料金は以下です。  ★所用時間&料金★ トリートメントでプラス1時間  カット+トリートメントの場合2時間ほどかかります。 料金は¥10000(税抜) ・シャンプーブロー(カット無)+髪質改善トリートメント ¥13000(税抜) ・カット+髪質改善トリートメント ¥17000(税抜) ・カット+カラー+髪質改善トリートメント ¥25000(税抜) ※カラーとの同日施術も可能です。(大幅なカラーチェンジの際は同日でない方が良い場合もありますので要相談です) web予約がご利用頂けます。 その際は、『カット+髪質改善トリートメント』『カット+カラー+トリートメント』などのコースを選んで頂き、備考欄に気になることなど、コメント頂ければ対応可能です。 髪の施術には必ず、メリット&デメリットがあります。また向いている髪の方とそうじゃない方の髪も。あとは、実際の施術の流れも見てみたい方は 以下のブログにまとめてますので、ご覧下さい^ ^ 「現役美容師が巷でウワサの髪質改善トリートメントを体験してみた」 https://www.closet-life.com/sp/closet/haircare/entry24513.html    最後まで読んで頂いてありがとうございました。 新宿御苑前美容室closetオオタニでした。        
2022/01/20
白髪染めだけど明るくオシャレに染めたい輪が広がってマス★ 近頃は白髪染めが単なる「白髪を染めるだけのカラー」ではなくなってきています。カラーの幅もとても広がり、様々な明るさやニュアンス、またデザインを提供できるように。そのポイントとなるのが【白髪染め+ハイライトカラー】です。  ・ 実際に私が施術させて頂いているお客様を例に 【白髪染め+ハイライトカラー】とはどんな感じなのかご紹介していきます。 ・ ブリーチにはファイバープレックスを使用しているサロンです ・ 白髪を染めつつ、インスタとかで良くみるグレージュカラーや、グラデーションカラー。 コチラ↑↑↑のカラーは根元の白髪は染めつつ全体に細くブリーチでハイライト入れて、さらにグレージュに染め上げたカラー。こちらオシャレ大人系女子に今大人気です。 ・ コチラ↑↑↑は全体はしっかり白髪を染めるダークトーンに染めつつ、毛先にかけて明るくなるグラデーションカラー。こちらも大人気。 ・ コチラ↑↑↑はナチュラルなベージュ系の仕上がり。このくらい細くハイライトが入っていると、白髪ともいい感じにボケて伸びてきても良い感じです。   私のブログを見て、やってみたい!とお客様殺到中です。 ・ ちなみに、ハイライトというのは、ベースの明るさは変えず(なので、根元の白髪はしっかり染めます)明るくしたいところだけ、筋状にカラーしていく技法です。 詳しくはコチラの過去ブログをご覧下さい↓↓↓ https://www.closet-life.com/sp/closet/color/entry24765.html ざっくりご説明すると、 明るくしたいところだけホイルに包みー 仕上がりはこんな感じで、ベースよりもすこーし明るい筋を入れていきます すると仕上がりが、1〜2トーンほど明るくなり、髪全体に立体感も生まれ自然なふんわり感が。そして、明るい筋が入る事で、伸びた時の白髪も目立ちにくくなります。 そんな立体感ヘアカラーの【白髪染め+ハイライトカラー】の輪が広がってます。  ・   真っ黒に染めていた白髪染めを徐々に明るめヘアにチェンジしていったお客様。 コチラの方は白髪比率のかなり高いお客様で3週間に一度のご来店で、ほぼ真っ黒に染めていましたが、ハイライトカラーを2ヶ月おきに施術させて頂いて、自然な明るめヘアーにチェンジしていきました!  最近では、すっかり明る目カラーが定着して こんなハイトーンおしゃれボブに♪このカラーはもう白髪染めではなく、普通のカラーで染めていけます。ほぼ真っ白な髪が生えてくる方なので、黒く染めているより、これくらい明るめの方が目立ちにくいですね。  白髪染めに追われてストレスなのもイヤだけど、全く染めないグレイヘアを楽しめる程、達観してないという方に明るめベージュカラーがオススメです。 ・ コチラの方は、「白髪染めをすると何故かいつも暗く仕上がってしまう」というお悩みで、ご来店頂きました。初めていらっしゃるお客様で髪が真っ黒な場合、過去にどのような薬剤で染まってるかなどの、髪の履歴が分からない事があるので、一度に希望の明るさにする、というよりは段階を経て徐々に明るくしていく事をオススメしています。 それの方が弱めの薬剤で明るくしていく事ができて、髪への負担が少ないですし、お客様ご自身にも違和感無く自然にカラーチェンジして頂けています。 ・ コチラのお客様も黒髪にかなり近い暗さで染めていましたが、すこーしだけ変えてみたい、ほんのり明るくしてみたい、というご要望で、黒髪より1〜2トーンくらい明るい筋をかなり細く入れています。 すると、一見、変わったかどうか分からないくらいで自然な立体感が出ますし、暗さはキープしつつ、ツヤ感と軽さがでてとても好印象に◎ ・ ショートヘアだと、立体感が強調されてさらに良い感じです。 ・ ・ ★施術時間と料金★ ・ハイライトカラーは+¥8000(税抜) ・カット無し+ハイライト+全体カラー ¥20000(税抜) ★ハイライトを入れる際の髪への負担を90%以上カットしてくれる、ファイバープレックストリートメントが絶対オススメ!(¥2000) ・カット+ハイライトカラー+全体カラー+ファイバープレックス ¥26000(税抜) ・ ・ 時間は通常のカットカラーに+1時間くらいです。(2.5〜3.0h) ・ LINEや、お電話でお問い合わせ下さい。 いつもの白髪染めに飽きている方、ちょっとイメチェンしたい方、白髪は染めつつも色んなカラーを楽しみたい方にオススメです〜。 白髪染めだからと、諦めないでー!おしゃれなヘアカラーを一緒に楽しみましょう♪   白髪染め、白髪に関してのお悩みについて来店前に相談したい、という方はLINEを ご利用ください。オオタニ直通LINEです。 
2022/01/15
男性も30代、40代の方で白髪を気にされている方、多くいらっしゃいます。 白髪に着目して、色んな方のお悩み解決の為、日々試行錯誤しながら美容技術に取り組んでいます。closetオオタニです。   白髪を気にされている男性の方、女性のワタシからすると、男性は白髪混じりな方がオトナっぽくていいのでは?と楽観的な考えですが、やはり昨今の男性美容ブームの中、 白髪はやぼったくみえる。 清潔感に欠ける。 などの印象があるようですので、ここで男性にオススメのちょーー手軽でカットのついでにちょちょいでできる「白髪ぼかし」をご紹介します。 実際、男性のお客様から聞かれるお声は以下。 「白髪増えてきてて、なかなか気になるんですよね〜」 「チラホラしてるのが嫌だ」 「でも、いかにも染めてます感も嫌だしな〜」 などなどです。 そう、いわゆる「白髪染め」は黒く染めようとすると、海苔を貼ったような黒塗り感がでてしまいますし、あんまり黒黒しないように染めると、褪色してビミョーに茶色くなってしまってチャラくなる、とゆー難点があり、男性の白髪染めってなかなか難しいんです。   ↑closetオーナー田中も、チラホラ白髪の持ち主。確かに気になるか。。。 ・       そこで! closetでは、 ・ 「白髪を染める」ではなく、「白髪がなんとなくボケていればイイんじゃない?」 という施術があります ガッチリは染まらず、白髪がなんとなくグレーに染まります。 でも、全体的に見ると、チラホラと散らばってた白髪が馴染んで、程よいツヤ感もでます。 それにより清潔感、男前度もアップ!! ・ 時間が経ったら茶色くなってきちゃわない?っとゆー懸念も、、、 はい。もちろん経過観察しております。1ヶ月後を比べてみました。 茶色くなってないーーー!!泣。歓喜。 色は染めたてよりは落ちますが、何も染めてない時よりは白髪感は目立ちにくい感じです。 通常、男性は女性よりもカットにいらっしゃる間隔も1ヶ月程度と短いので、このくらいの色落ち具合いが、むしろ超自然。 また、この白髪ぼかし施術に使っているカラー剤は髪や頭皮に負担少なめ。 塗り始め〜シャンプーまで10分以内という超〜時短で完了します。 男性は白髪もさることながら、薄毛や頭皮への影響も気になるポイントだと思いますが、そもそも負担少なめカラー剤を使用、また頭皮へのベタ塗りはしません。更に10分以内では流してしまうので、通常の白髪染めよりは色々な点において負担が少ないです。 頭皮の事気になる方はヘッドスパをプラスして下さい! ・ カット+白髪ぼかし(+10分程度¥3300) で、ご提供中。 ・ 男性も白髪にお悩みの方、closetでの「白髪ぼかし」を体験してみて下さい。 ・ ご予約の際はweb予約からカットを選んでいただき、備考欄に「白髪ぼかし希望」とご記入下さい。 ・ 色んなカラー剤の実験台になってますが、この白髪ぼかしはなかなかのヒットです。とオーナー田中も語っております。 そんな田中が、担当します。  ご予約は下記web予約をご利用下さい。