総合TOP>closet(クローゼット)>カラー>白髪ぼかし?白髪ハイライト?白髪を活かしたカラー?自分に合うのはどれ?

白髪ぼかし?白髪ハイライト?白髪を活かしたカラー?自分に合うのはどれ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
白髪ぼかし?白髪ハイライト?白髪を活かしたカラー?自分に合うのはどれ?

「白髪ぼかし」「白髪染めハイライト」「脱白髪染め」「白髪を活かしたカラー」など、白髪に関するワードが盛りだくさんな今日この頃。

でも一体、自分にはどんなカラーが良いのか分からない、自分の白髪状態だと、ハイライトをすれば良いの?活かしてカラーできる?といった疑問がある方の為の記事になっております。実際の施術例を交えて解説します。

美容室選び、カラーのタイプはどんな感じが良いか、また自分の白髪の生え方だと、どの染め方が良いのか、選ぶ参考になればと思います。

【白髪ぼかしとは】

従来の「白髪染め」は、白髪を黒〜こげ茶くらいの濃いめのカラーで染めて、均一な髪色に仕上げるのが主流でした。お客様が、「ちょっと明るめに染めたいな」と希望を言っても「明るくすると白髪が染まらないですよ」と美容師さんに否定されてしまう事も少なくなかったと思います。

なので、

「白髪染め」=「暗めの髪色」

と刷り込まれてしまっている方も多いのではないでしょうか??

しかし最近は、白髪は隠すものでは無く、活かしながらカラーする、白髪に対してポジティブな思考、施術が増えています。それが「白髪ぼかし」や、「白髪を活かしたカラー」と紹介されています。

「白髪ぼかし」とは、白髪は染まってなくて良い、周りと馴染んでいれば、しっかり染めなくても染まってないようには見えない、ようにしていくカラー方法です。

例えば、


↑コチラのお客様。顔まわりを中心に白髪があります。以前まではかなり暗めに染めて白髪カバーしてました。(暗めじゃないと白髪部分だけ染まってないように見えてしまうため。)

それを、白髪をしっかり染めず、ぼかすように馴染ませるカラーを施すと、、、↓



暗めではなく、明るさと透明感のあるカラーに仕上がります。でも固まり白髪部分が染まってないようにも見えません。

白い筋感が残っていますが、こちらは天然のハイライトとして活かす事ができます。

元々の白髪を活かして、うっすら色を入れつつ全体の明るさを整えていく事で、伸びてきた時も自然で、月1カラーが必須だった方が2ヶ月おきでも良くなったりします。

また別の方の例ですと、

↑↑全体的に散らばる白髪タイプの方↑↑

コチラの方は、明るめカラーをご希望だったので、ブリーチまでは使わないリフト剤で明るめにトーンアップして白髪を馴染ませています。

コチラももちろん白髪染めは使っておらず、良くみると白髪はそのままです。このくらい明るめだと、伸びてきた時、白髪が気になるとゆーよりはプリン状態の根本黒が気になります。

以前は白髪が気になってカラーしにきてたけど、明るくしたら白髪減った気がするくらい、気にならない笑、と喜んて頂いております。

「白髪ぼかし」とは、白髪を髪色全体に馴染ませて、白髪っぽく見せない、白髪をしっかり染めるというよりかは、もともとの白髪の量を活かしたり、明るさに合わせて、カラーを施していくようなカラー施術を言います。

ポイントは白髪の量によって、明るめカラーに仕上がる点。

白髪がなくカラーを全くしてない日本人の髪は、

だいたい4レベルくらいの暗さです。地毛明るいね、という方で6〜7レベルくらいの、ダーク系の髪色の方が多いです。(ハーフの方とかは違う事もありますが)

が、白髪はそれが一気に20レベルくらいの明るさです。白髪は明るめの髪色なのです。

4レベルのダーク色の中に20レベルくらいの明るさが点在してるので目立つのですが、4レベルのベースを10レベルくらいにすると、レベル差が縮まる事で一気に20レベルの白髪が目立たなくなります。


視覚効果を利用したカラーと言えますね。

なので、白髪をぼかそう、馴染ませようとすると、明るめカラーに仕上がるのは必須です。

それが、黄色系の明るさだと、いまいちヤンキーっぽくなってしまったりしますが、透明感のあるベージュや、ブラウン、ピンク系ベージュの柔らかいツヤがあって肌馴染みが良いカラーに仕上がるのが、「白髪ぼかし」と言います。

(※美容師さんによって、多少の見解の違いはあるかと思いますが、悪しからず)


【白髪ぼかしオススメな方】

◯固まり白髪の方

◯白髪点在系の方


【白髪染めハイライトって?】

では、「ハイライト」とはなんでしょう?

先程、白髪は20レベルくらいの明るさの髪だ、と言いましたが、ハイライトは敢えて白髪に近い明るい髪色を増やしていく施術です。白髪も明るい線なのですが、それがまばらだから目立つのですが、ハイライトは頭全体に均一に白髪の代わりになるような筋を入れていきます。

例えば

顔まわりにだけある、チラホラ白髪、、、

これは気になりますよね。

でも全体的にハイライトを入れると


筋感が全体に散らばって、白髪なのかハイライトなのか分からなくなります。

全体の仕上がりはこんな感じ↓

また、別の方は、 

before


after



白髪の横に明るい筋が入る事で、白髪が目立ちにくくなります。


別の方の仕上がり


ハイライト効果でより白髪と馴染みのよいグレージュカラーに仕上がってます。


このように、ハイライトというのは、全体的にスジ感をあえて入れて、白髪なのか、ハイライトなのか分からなくするカラー方法です。また、根本が伸びてきても、ハイライトの明るさが勝って、これまた白髪が目立ちません。

そして、これも明るいスジ感を足すので、髪色は明るくなった印象になります。

「白髪ぼかし」はワザと入れるスジ感はなく、だいたい1色に染まった仕上がりですが、ハイライトはスジ感が分かる外国人風な仕上がりになるのが特徴です。


ハイライトはブリーチ剤を使って、スジ部分だけ、脱色していきます。そこに色が入るので、透明感があり、立体的なカラーに仕上がります。

もちろんダメージはゼロではありませんが、適切なブリーチ技法、メンテナンスを行えば、そこまで大変なダメージ毛にはなりません。担当の美容師さんと良く相談して行う事をオススメします。

※ダメージケア重視ではないサロンですと、後々傷んでしまって大変、、、な事も少なくないのでご注意を。


【白髪染めハイライトがオススメな方】

◯チラホラ白髪さんタイプ

◯髪全体に散らばって白髪があるタイプの方

◯白髪率、高めなんだけど、漆黒に染まってしまっている方の徐々に明るくしていきましょう、の時にハイライトを用いたりもします。


【白髪を活かしたカラーとは】 

「活かす」と言うのも、ぼかしたり馴染ませたりとニュアンスはほぼ同じですが、私的な見解としては、白髪率がかなり高めの方で、染めてなければ、ほぼ白よりのグレーくらいの方で、その白いベースを利用したカラーを指して紹介されている事が多いです。

例えば

before

白髪率50%以上で、顔まわりは特に白い部分が多いコチラのお客様に白髪を活かしたカラーをすると

after

透明感のあるピンクベージュに仕上がります。

コチラのカラーはハイライトやトーンアップなどはせず、1回のカラー施術でできます。

※以前までが漆黒に染まっている場合は、何回か施術を分けて徐々に変えていくのがオススメです。

また別の方ですと、

白髪率が高いとますます透明感のあるカラーにも仕上がります。

プラチナベージュや



ピンクベージュにも 

ちなみに白髪率は90%以上。

50代最初の頃くらいにヘアカラーをやめて白髪にしてたけど、70代手前で白髪ヘアに飽きたということで、カラーのご相談頂いて、無理なく色んな色が楽しめるようご提案させて頂いてます。


白髪を活かしたカラーは、白髪をベースに施術していきますので、これまた明るめで透明感のあるカラーの仕上がりです。


before

5週に1回程度、髪のメンテナンスに来て頂いている方で、白髪率は50%以上で高めですが、白髪を活かした透明感のあるカラーに仕上げているので、根本が出てきても、あまり気にならなくなったとおっしゃって頂いてます。


after

ツヤのあるグレージュに染め直しました。

この色も白髪を活かしたカラーだから成せるワザ。

顔周りに白髪が集中してて、目立つのが早く困っている方は、白髪をあえてベージュに染めてインナーカラーとして活用する事もできます。

【白髪を活かしたカラーがおすすめの方】

◯全体的に白髪率高めな方

◯顔周りにとくに白髪集中してる方はインナーカラーとして活用できます。

【まとめ】

「白髪ぼかし」「白髪を活かしたカラー」はニュアンスはかなり似ているように感じます。大切なのは、《ご自分髪の悩みが何か》という事が明確である事です。

その悩みに応じて、どんな施術が適切か、どんなカラーが合いそうか、担当の方とご相談されるのが良いと思います。

「髪の色が明るいのにはちょっと抵抗がある、、、」という方も、黄色っぽい明るさなのか、ピンクやブラウンの色味がしっかり入った明るさなのかで、印象はだいぶ違います。そのあたりもしっかりカウンセリングしてもらって理想の色味に近づけてもらいましょう。

また「ハイライト」に関しては、スジ感が入るので周りと違ったオシャレ感は演出できますよね。

白髪染めを、明るくするためにはハイライトが必須と思われている方も多いですが、必ずしもそうではなく、あくまでデザインカラーですので、明るくしたいけど、ハイライトは入れたいのか、入れたくないのか、なども、上記施術例を参考に考えてみて頂くのもよろしいかと思います。

その他にも、【白髪カバー方法】はたくさんあります。やっぱり黒髪ベースで、行きたい!という方は下記ブログも参考になさって下さい。

「チラホラ白髪は染めずにぼかそう」

https://www.closet-life.com/closet/sp/color/entry34934.html

ハイライトを使って、漆黒に染まってしまった髪を明るくしていく場合は以下ブログをご覧下さい。

白髪染めハイライト失敗しない為に」

https://www.closet-life.com/closet/sp/color/entry36373.html

自分にはどんなカラーができるのか分からない、でも現状変えたい!とお悩みの方、下記LINEにてご来店前の無料カウンセリングも行っています。お気軽にお問合せください。



この記事を書いているのは

ボーダーデニムが定番です。オオタニメグミです。


大谷 恵

大谷 恵

Written by:

長野県安曇野市出身。趣味は「美容と健康」あと「一人旅」

安曇野の山々に囲まれて育ったからか、都会&海のある街に憧れが強く、

旅先はもっぱら南国です。

2018年の目標はフィジカル強化!美容の始まりはまず健康であることから!

 

1984/4/21生まれ。牡牛座。A型。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大谷 恵は、こんな記事も書いています。

  • 白髪染めハイライトについて取材を受けました

    白髪染めハイライトについて取材を受けました

  • お客様施術をご紹介します

    お客様施術をご紹介します

  • 10月オオタニ予約空き状況

    10月オオタニ予約空き状況

  • 9月オオタニ空き状況

    9月オオタニ空き状況

  • マスクの中の顔下がってませんか??

    マスクの中の顔下がってませんか??

  • closet2号店がリニューアルオープン!!

    closet2号店がリニューアルオープン!!

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2022 closet All rights reserved.

"